nyx
nyx叢書002『マルクスとエコロジー:資本主義批判としての物質代謝論』
57618f9a41f8e8f3b600616c

nyx叢書002『マルクスとエコロジー:資本主義批判としての物質代謝論』

¥3,850 税込

送料についてはこちら

マルクスは環境破壊や環境保護について、どのようにとらえていたのであろうか? 現代的課題に応えうるマルクスのエコロジー論の生命力・可能性を探る試み。 マルクスは環境破壊や環境保護についてどのようにとらえていたのであろうか。 若い時には、人間を「自然の一部」としてとらえ、人間的労働は自然からの離反を示すものではなく、自然との一体化の証としてとらえていた。経済学研究、とくにその成果である『資本論』においては、生活を人間と 自然の物質代謝ととらえる視点から、資本の論理による経済活動のなかで、物質代謝が「攪乱」され、「亀裂」をひき起こす事態を環境や人間の健康の破壊として批判した。晩期では、「掠奪」ではない農業のもつ意義の見直しにつながる「抜粋ノート」を残している。本書は、マルクスの思想のうちにあるエコロジー的視点を積極的に展開することを試みたものである。 目次等、詳細はこちら↓を御覧ください。 http://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784906708604