POSSE vol.38
5ab8515c50bbc34ede006668

POSSE vol.38

¥1,320 税込

送料についてはこちら

第一特集「環境問題と社会運動」 詳細はこちら↓を御覧ください。 https://kaiin.hanmoto.com/bd/isbn/9784909237163 目次 ◆新連載 西洋留学見聞録 No.1 イギリス 日比大地(POSSEボランティアスタッフ) NGOレポートで読み解く第三世界の労働 No.1 アップルの欺瞞とCSR 監査の限界 本誌編集部 訳 ◆特集「環境問題と社会運動」 15分でわかる環境問題と社会運動 世界と日本の石炭火力反対運動――運動世界の運動から学ぶほんとうの若者目線 伊与田昌慶(NPO法人気候ネットワーク研究員) ダイベストメント運動で気候変動問題に取り組む国際環境NGO“350Japan” ――草の根ムーブメントの構築を目指して 清水イアン(350Japanフィールドオーガナイザー) 日本のインフラ輸出がもたらす環境破壊と人権侵害――気候正義 Climate Justice を求めて 深草亜悠美(FoE Japan気候変動・エネルギー担当) 書評 吉田文和著『スマートフォンの環境経済学』 スマートフォンで学ぶ物質代謝とその攪乱 本誌編集部 グローバルIT企業に挑む――クリーンなスマホ生産の新たなリーダーを生み出す国際的な運動展開 石川せり(グリーンピースエネルギー担当)×城野千里(グリーンピース広報担当) 秩父・武甲山――産業によって破壊される文化・信仰 笹久保伸(音楽家・秩父前衛派) 米軍基地と沖縄の環境問題 桜井国俊(沖縄大学名誉教授) 書評 ナオミ・クライン著『これがすべてを変える 上・下』 いま最もラディカルな社会運動論 本誌編集部 ◆特別企画「裁量労働制の拡大に対抗する」 書評 今野晴貴・嶋﨑量著 『裁量労働制はなぜ危険か』 本誌編集部 職場の裁量労働制をチェックしよう! 本誌編集部 裁量労働制の現状を問う――「柔軟な働き方」という誤解 本誌編集部 裁量労働制ユニオンの取り組み ◆単発 理不尽な校則に耐えるのではなく、変えていく社会へ――「ブラック校則」の事例と健康被害、そして対策 荻上チキ(ブラック校則をなくそう!プロジェクトスーパーバイザー) 最も立場が弱い人のために闘う――外国人労働者問題に取り組む「弁護士資格を持った活動家」 指宿昭一(弁護士) 生活保護基準引き下げの衝撃――社会全体が陥没しかねない下降の悪循環 本誌編集部 シェアリング・エコノミーと普遍主義――新しい生き方を支える新しい財政を 井手英策(財政社会学者) 大学非正規教職員無期転換闘争の分かれ道 「外部資金問題」をどう乗り越えるか――山形大学職組の取り組み 品川敦紀(山形大学職員組合執行委員長) 無期転換権獲得に至った闘争の裏側――非正規との分断を乗り越えて 佐々木彈(東京大学教職員組合執行委員長) エスノグラフィーに取り組みながら見た釜ヶ崎の20年 渡辺拓也(大阪市立大学大学院都市文化研究センター研究員)×今野晴貴(NPO法人POSSE代表) ◆連載 My POSSEノート page5 映像の力で社会を変える 北村太雅(POSSE ボランティアスタッフ) それぞれの町で リレー連載 第3回 下宿と津和野 瀬下翔太(NPO法人bootopia代表理事)×石井雅巳(NPO法人bootopia副代表理事) 知られざる労働事件ファイル No.12 関西学院大の雇い止め事件と私学・無期転換の闘い 大椿裕子(大阪教育合同労働組合執行委員長) 文化と社会 第7回 盗賊たちは何を奪ったか 長瀬千雅(編集者、ライター) スポーツとブラック企業 第2回 フリーランスレスラーの憂鬱 常見陽平(人材コンサルタント) 立ち上がる 第3回 「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」の取り組み 労働と思想 38 シルヴィア・フェデリーチ 小田原琳(東京外国語大学准教授)