new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/2

KOKKO第47号[第一特集]気候危機と公務

¥1,540 税込

送料についてはこちら

[第一特集]気候危機と公務 ●100年後の世界への責任  世界各地で異常気象による災害が頻発し、生態系への不可逆的な変化が現れています。日本でも、猛暑、集中豪雨、巨大台風が毎年のように各地を襲い、河川の氾濫や崖崩れ等の甚大な被害が出て、多くの公務労働者が対応に追われています。こうした「気候危機」は将来にわたって私たちの生存基盤を脅かし、国家間、地域間の格差を増幅するもので、若い世代を中心に「気候正義 Climate Justice」を求める世界的な運動が巻き起こっています。  昨年秋にはCOP26(気候変動枠組条約第26回締約国会議)が開かれ、パリ協定が定める2020年以降の「勝負の10年」の具体的取組が確認されました。温度上昇を1.5℃に抑えるためには、世界全体のCO2排出量を急激に減らさなければいけません。  こうした差し迫った状況で、国家公務員の仕事は「気候危機」にどう関わり、市民として、労働者として何をなすべきなのか、本特集を通じて考えます。 [第二特集]2022年参院選KOKKO的観点 ●改憲/維新/ジェンダー/統計問題 今年実施される参議院選挙の投開票日は7月10日が有力とマスコミ報道されています。そして、自民党の憲法改正実現本部・古屋圭司本部長は、「次の参院選が終われば最長3年ほど大型国政選挙がない期間が続く。その間に(改憲国民投票を)実施できればいい」(「日本経済新聞」1月14日付)とあからさまに語っています。改憲をめざす勢力にとっての「黄金の3年」が手に入るというわけです。加えて現時点(4月25日現在)では、ロシアによるウクライナへの侵略戦争に便乗した改憲と軍拡の流れも強まっています。いよいよ正念場となる憲法9条を守ることや新自由主義に対抗して生活改善をはかること、ジェンダー平等の推進、公的統計の立て直しなど参院選の課題をKOKKO的観点で考えます。 目次 [第一特集] 気候危機と公務 気候危機の現在と課題 ……………… 005 伊与田昌慶 国際環境NGO 350.org Japan, Communications Coordinator 気象行政からみた近年の自然災害の特徴について ――急がれる線状降水帯予測 ……………… 013 国土交通労働組合気象部門 気候変動を踏まえた自然災害対策のあり方について ――あらゆる関係者が流域全体で行う持続可能な治水行政への転換 ……………… 021 国土交通労働組合建設部門 脱炭素対策・省エネと再生可能エネルギーシフトと地域発展 ……………… 028 歌川 学 産業技術総合研究所主任研究員 [第二特集] 2022年参院選KOKKO的観点 自衛隊明記・緊急事態条項による改憲の危険性 ――自民党改憲4項目・「同性婚」改憲論を考える ……………… 041 木村草太 東京都立大学教授 維新政治を全国に広げないために ――いまこそ新自由主義とのたたかいを ……………… 077 冨田宏治 関西学院大学教授 ジェンダー平等へ男女ともにアップデートを ――誰もが持つ無自覚な特権と加害性を見つめて ……………… 104 太田啓子 弁護士 国土交通省統計調査不適切処理による二重計上問題 ……………… 112 笛田保之 国土交通労働組合中央執行副委員長 [単発]「国公労連2022年非正規で働く仲間の要求アンケート」結果について ……………… 122 国公労連調査政策部 [連載] 難民アートプロジェクト 第12回 「わたしは未来を描きたい」(後編) ピーターの場合 ……………… 136 西 亮太 中央大学法学部准教授 [連載] スミレとヒマワリ 第13回 軍事力に頼らない道こそリアル――ウクライナ軍事侵攻と憲法 ……………… 141 白神優理子 弁護士 [連載] 国家公務員の労働条件Q&A きほんの「き」から 第35回 年度をまたいで一時金引下げ? ……………… 146 国公労連 [連載] 8プロ映画部日誌 第4回 見知らぬ土地で生きる人びとの物語 ……………… 148 皿倉のぼる 放送作家/8プロ映画部総合演出 [書評]KOKKO Editor’s Book Review 『維新政治の本質』/『告発と呼ばれるものの周辺で』/『パイプライン爆破法』……………… 153 KOKKO編集部 連載「運動のヌーヴェルヴァーグ」「KENちゃんの職場訪問記」は、都合により休載といたします。 表紙イラスト オカヤイヅミ デザイン ナルティス/末吉亮(図工ファイブ) 本文組版 はあどわあく